生活行為向上マネジメント指導者研修に参加してきました!

帰りの新幹線で書いています。忘れないために、書き記しておきます。




2月11日と12日の連休(!)に新大阪で研修会が行われました。

対象はOT協会MTDLP指導者、都道府県士会MTDLP推進委員及び暫定ファシリテーター、
となっています。

僕は、暫定ファシリテーターということで参加させてもらいました。

暫定ファシリテーターについて

二日間の講座で、このようなプログラムになっています→生活行為向上マネジメント指導者研修案内


研修会で特に強調されていたのは、MTDLPはあくまで一つの手段であるという点です。

2040年には、国民のうち85歳以上の方が10人に一人になる予測が示されています。

85歳以上の方の約半数は、介護保険を利用しているということですので、効果的なサービス提供やサービスの機能分化が必要と言われているそうです。

そのため、必要な人に必要な支援が、地域特性に応じて提供される仕組みづくりが急務となっていると。

これらの背景から、多職種が協働していくためのマネジメントが必要である
ということです。

MTDLP(生活行為向上マネジメント)の目的は、本人が生活する上で困っている・問題を感じている事柄で、やってみたい・もっと上手くできるようになりたいと思う生活行為を、再びできるように支援することということです。

OTRであれば誰でも(経験年数や領域に関わらず)MTDLPのようなマネジメントの思考過程を持てるようになりましょう ということで
MTDLPを再学習してきました。

特に印象に残ったのは、マネジメントの基本として、
「目的」と「目標」と「手段」をきちんと分けて
明確にしていくことができているか?
という問いです。

カンファレンスや、サービス担当者会議、地域ケア会議
など

様々な場面で 問題解決が必要とされています。

しかし、現場の実感としてもあるのですが、
なぜか解決「手段」が先行したり、
それ自体が目的化してしまっているのでは?
と感じることがあります。


これはドナルド・ショーンの
問題の設定こそ重要である という
指摘がそのまま当てはまると思われます。


目的や目標をいつも問うことと、
柔軟に、解決策を選択していけるようにマネジメントできる人が
求められていると感じました。
(しかも明るい雰囲気で!)


作業療法士は、その人の作業について
なぜ?
どうやって?
何を、誰と、どこで?
と言ったように 問題の設定ができ、

それらがその人の健康状態や心身機能と活動
そして取り巻く環境との関係から分析し、

解決策を示すことができる職種だと思います。

これらをわかりやすく説明したり、具体的な方法を提案していくこと


今回の研修を通して、自分に足りないことも沢山感じましたし、
行動していく必要も感じました。

また、MTDLPについてはこのブログでも書いていきたいと思います。

新幹線酔いしてきたので、この辺で。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

コメント