IVESと課題指向型訓練の勉強会をしました.

新年度がはじまり 1ヶ月.いかがお過ごしでしょうか?
連休に入って 一休みといったところでしょうか.


昨日は公園で遊んできました.水辺では子供たちは水に入って遊んでいました!すこしずつ暖かくなってきたんですね.



*********************


4月27日には,当院で上肢機能障害勉強会シリーズ第3弾
「IVES」と「課題指向型訓練」についての勉強会を行いました.



上肢機能障害に特化した専門病院というわけではありませんが,実践の質を高めていくためにみんなで頑張っています.






セラピストによっては,特定の手法にこだわっている人たちもいると思いますが,ぼくとしては,まずはエビデンスを確認した上で,「柔軟に利用する」というスタンスで考えています.







同じグループ病院の セラピストも集まってくれました.茅ケ崎や鎌倉から 業務終了後に 平塚に駆け付けてくれていました.

平塚まで勉強会に来たいと思うような 情報の価値と発信力をしっかり出し続けていきつつ,さらに高めていこうと思っています.




このようになぜTOTなのか?
なぜ○○なのか?という視点は,エビデンスを柔軟に利用するために必要だと思っています.

なぜなら,なぜこれをしているのか?という理由が自明でなければ,その方法を行うこと自体が目的化してしまう恐れがあるからです.



あくまで臨床家がいかにエビデンスを利用するか というスタンスの勉強会ですので,

エキスパートが一方的に教えるという 構造ではなくて ある程度の話題提供と視点を示したうえで 臨床家のもつ 工夫や疑問点などが共有できればと考えています.



勉強会シリーズでは,内外問わず,臨床のための研究をしている方々とも 交流して 臨床と教育と研究における よい循環をつくっていきたいと思っています.


つぎは 外部講師の先生をお招きして いろいろと情報交換や 意見交換ができればと思っています.






またこの研修会の報告も ここでさせていただこうと思います.





では よい休日を.

コメント