投稿

1月, 2013の投稿を表示しています

お互いさま

イメージ
あけましておめでとうございます。


連休が続くと、勤労者であることをすっかり忘れてしまいますね。




休日は、父親であることや、学生であることで必死です(笑


こどもと公園で遊んだら、次の日、筋肉痛となり、


運動不足な生活を痛感しました。。


昔はこれでもインターハイに出てたんですけどね。(苦笑










最近、嬉しいことがありました。

外来リハを卒業した患者さんがきて、


ことし、就職へ向けてあらたなる挑戦をしていこうと思っている

と報告してくれました。




そして、ゆくゆくは、お金を貯めて、車を買って、運転したいと。




いまは就労継続Bという形態での就労ですが、



ことし一年かけて、就職活動をしていくそうです。




そのことを、目を輝かせて一生懸命語ってくれました。




ぼくに一通りいうと、ほかのスタッフにも語っている様子がありました。








こうやって、報告してくれる関係って嬉しいなと思いました。






この方は、昨年できた互助会(「風林火山」グループ)でも、中核を担うメンバーです。


こんど、3月には、組織の中での学術集会がありますが、「風林火山」として演題をエントリーして、


職員と一緒に発表することになっています。




「ほかの患者さんにも、伝えていきたい」という想いがあります。







ぼくはそういう気持ちをもっているこの方から、エネルギーをもらっているなと感じます。






セラピストは、与える人という役割と思いがちですが、




けっしてそうではないと思うのです。





自分のために行動する、けど、じつはそれが誰かのためにもなってる。




だれかのために行動したら、自分にもそれがかえってきた。




ということが、やっぱりあるんだと思います。





彼は、そういう関係性が、互いの人生を豊かにしていくのだと教えてくれました。





働くことを通して、誰かのために、自分のために、




人生を豊かにできたら、いいな。




そして、また、それを応援できるといいな。



と思いました。