山梨県中央市男女共同参画フォーラムのお知らせ






ことしは、4月から市の男女共同参画委員となり

市の祭りなどにも参加して、啓発活動など行ってきました!



リハビリの専門職がなぜ男女共同参画?と疑問を持たれるかもしれませんが、




自分にとっては、すこしみる角度が違うだけで、つながっているように感じています。



きっかけは昨年の3月に育児休暇をもらい、そして3.11の震災を経験したからです。





自分は自分の暮らしている地域に対して、なにか貢献できているだろうか?ということです。


もちろん税金は払っているけど、神奈川出身の自分には、地元の人のようなつながりはないけれど、
いいまちにするために、リハビリの視点が役に立つんじゃないかと考えているからです。




リハビリは、世間一般に「からだを動かして治す」というようなイメージがあるかもしれませんが、
それだけではなく、

対象となる方の環境や状況ということも考えます。(ICFやナラティブの視点です)




誰もがいきいきと暮らすためには、個人が頑張るだけではどうしようもないことを日々痛感します。
だから、暮らしやすいまちづくりの視点が大切なんだなと思うわけです。




さて、すこし堅い話になってしまいましたが、


来週は、男女共同参画のフォーラム*があります。


そこで、男女共同参画についての川柳を展示します。



みなさん、サラリーマン川柳**ってご存知でしょうか??


第一生命のホームページから引用させてもらいました↓




・リビングは 妻がセンター 総占拠      (渡り老化走りたくない)




・出張を 見送る妻の 目が笑う       (松本松峰)




・「おーい飯!」 こだまでしょうか 「おーい飯!」      (夫婦共働き)





世代間で、かなり違うかもしれませんが、30~50代くらいの方々は共感できますか?



男女の不公正な格差をなくそうというのが、男女共同参画の主要なテーマですが、



意外と、家庭内での女性の力強さを(男性からはすると脅威すら)感じますね(苦笑い)





しかしながら、リハビリでもそうですが、コラボレーション(協同)が大事だと信じています(汗)。



ですので、最後はこの川柳で・・・




・寝顔みて いつも言えない ありがとう      (さくらのママ)




「感謝」は前回の記事からキーワードとしてつながっているように思います。



ブログをみてくださるみなさまに感謝。





*「中央市男女共同参画推進フォーラム2011」~絆~
NPO法人 災害・防災ボランティア未来会 代表 山下博史氏を講師に「被災地の実状をとおして」と題して、被災地で乳幼児を抱えた家庭がどのように過ごしていたのか、実際の現場で見てきたことを講演していただきます。また、中央市消防団女性団員の黒田博子さんの事例発表、山梨コナリナパルズ・響によるコカリナコンサートを行います。

○日 時:平成24年2月26日(日)午後1時30分~4時30分
○場 所:中央市立玉穂総合会館

http://www.city.chuo.yamanashi.jp/sougou/info.php?id=2869



*「サラリーマン川柳コンクール」

http://event.dai-ichi-life.co.jp/company/senryu/index.html

コメント