仲間と一緒に一歩を

1か月も更新が遠のいてしまいました。

書きたいことは沢山あったのですが、この間、仕事に家庭に追われていたのだと思います。



数日前はちょっと燃え尽き気味かなとも感じたりもしましたが、



仕事に家庭にとバランスをとりつつ、自分にとって大事な作業に没頭できていたんだなと思います。



そして、そこには「仲間」があったから、走れたのかな

と、いま振り返っているところです。







今日は、在宅リハビリ室の企画で「社会復帰に向けた特別プログラム」


と題して、


外来患者さんご家族と一緒に、集団での調理訓練と余暇(麻雀)を行いました。









途中、ハプニングがあり、



炊き込みご飯の炊飯が30~60分くらいでできるかなぁ~と


予定を見積もっていたのですが、



なんと、実際には2時間もかかってしまいました。





まだかまだかと、みんなでお腹をすかせてまっていました。




待っている間に、話がはずみ、



当事者の方々同士で、先日の「左手1本のシュート」の講演を聞いてきた話や、


スキューバダイビングにチャレンジしているという話、



などなど、




いろいろな話で互いに「へぇ~すごいなぁ」なんて言いながら、



過ごしていました。



相互作用が沢山うまれていて、

職員が紹介する以上に、互いに刺激を受けていたんじゃないかな
っと感じました。




また、麻雀では10年ぶり、20年ぶり・・・PCではコンピュータと対戦しているけど・・・


という具合に皆さん久しぶりで、


とても楽しく熱中して楽しまれていたんじゃないかな~っと感じました。








炊き込みご飯は時間がかかってしまったけど、


すごく想い出になったなぁと思うし、



麻雀では楽しい時間も共有できました。








一緒になにかを経験するって、こんなにも生きていることを実感するんだなぁ



そして、
患者さんやご家族とはもちろん、


それと同じくらい、


職員同士でこういう企画を経験できたことも


自分にとってはとても嬉しかったです。





この間、病院祭りでの出店や「左手1本のシュート」の講演を聞きに行ったりしてきました。





患者さんも職員も関係なく、「仲間」として手を組みあって


一緒に一歩を踏み出せたと感じる今日の一日でした。










一緒になにかを経験する仲間


をつくっていくと自分の人生が豊かになるような気がします。








さて、みんなで一緒に一歩を踏み出しましょう。

コメント

丸山祥(作業療法士) さんの投稿…
集団療法には治療因子があると整理されています(山根,2000)
①希望をもたらす
②普遍的体験
③受容される体験
④愛他体験
⑤情報の伝達
⑥現実検討(自己確認、自己評価など)
⑦模倣・学習・修正(生活技能、対人関係など)
⑧表現・カタルシス
⑨相互作用・凝集性
⑩共有体験
⑪実存的体験
丸山祥(作業療法士) さんの投稿…
集団参加技能と集団レベル
Mosey(1986)の定義を要約されたものが以下です。
・並行集団
・課題集団
・自己中心的協同集団
・協同集団
・成熟集団
丸山祥(作業療法士) さんの投稿…
なぜひとは集まる?(山根,2000)
ひとは、
・一人では生きることが難しい
・自分と似かよった仲間を求める
・他人に受け入れられることで安心する
・他人に認められることで自分を確認する
・他人の役に立つことで喜びを感じる
・自分を確認するものさしを求める
・モデルを求める
・一人でできないことをする

と整理されています。